2021年10月(通巻502号)

■発行・発売日

2021年10月25日

■定価

2,800円(税込み)

■収録記事

2021年9月1日~30日

■収録記事数

286

■特集

洋上風力発電の動き本格化

■特集 洋上風力発電の動き本格化
脱炭素化へ政府方針が追い風。風力発電業界が拡大・・    8
欧大手の洋上風力発電機メーカーが長崎に製造工場・・    9
洋上風力整備、国が選定。潟上沖など「有望区域」・・    10
国の洋上風力「有望区域」に村上・胎内沖を選定・・・・    11
「再エネ海域利用法」に基づく準備区域に響灘沖など    12
洋上風力発電へ前進。いずみ沖が「有望な区域」に・・    12
洋上風力、地元自治体は経済効果に期待。環境配慮も    12
「八峰能代沖洋上風力」の総出力を倍増へ・合同会社    13
洋上風力で地域潤せ。研究機関など誘致目指す・能代    14
五島沖の洋上風力事業者、戸田建設などJV決定・・・・    15
洋上風力ドローン点検、来年度実用化へ・関電子会社    15
風力発電メンテ訓練施設、秋田火力発電所構内に設置    15
連載・回れ洋上風力① 海に「再エネの切り札」・・・・    16
風力発電は「一般海域」「港湾区域」で環境整備・・・・    18
連載・回れ洋上風力② 港に基地、独をモデルに・・・・    18
連載・回れ洋上風力③ 漁業、共生の道模索・・・・・・・・    20
コラム・核心核論 風力発電施設・・・・・・・・・・・・・・・・・・    21
連載・回れ洋上風力④ 拡大へ送電網の整備を・・・・・・    22
洋上風力、浮体式に注力。2020年代後半にも実現    23
連載・回れ洋上風力⑤ 新たな産業生み出したい・・・・    24
コラム・核心核論 再エネ立地規制・・・・・・・・・・・・・・・・    24

 

■行政・施策 国/地方自治
温室ガス46%削減目標を了承・温暖化対策本部・・・・・・    26
成長戦略会議の具体化に向けた議論を指示・首相・・・・    26
来年度予算概算要求、脱炭素に重点・環境省・・・・・・・・    27
環境省、温室ガス排出ゼロへ先行地域を来春選定・・・・    27
港湾の脱炭素を支援へ。法改正で設備導入促す・・・・・・    28
回収CO2を再利用へ。技術開発を支援・経産省・・・・    28
22年度予算概算要求。脱炭素、再エネに配分・経産省    28
北海道の「脱炭素」、71事業で支援。予算規模調整へ    29
再エネ活用へ人材支援。脱炭素化へ自治体を後押し・・    29
再エネ補助を拡充。「0円ソーラー」促進・京都府・・    30
再エネ巡り主導権争い激化・経産省と内閣府・・・・・・・・    30
農林水産分野CO2、排出ゼロへ新法・農水省・・・・・・    31
省エネ住宅補助、中古改修や先物物件など対象拡大へ    32
EV整備士の育成支援へ教材導入調査など・国交省・・    33
再エネ普及は地域共生が鍵。新基本計画案に意見公募    34
下水熱活用へ地図公開。推計熱量など示す・長野市・・    34
環境配慮住宅を来年販売・ニセコまちづくり会社・・・・    35
再エネ地産地消へ。阿久根市がトラストバンクと連携    35
脱炭素実現へ事業モデル。県検討会が初会合・山梨県    36
温室効果ガス「ゼロ」宣言・館山市・・・・・・・・・・・・・・・・    36
脱炭素へクーポン活用、小田原市で社会実験・・・・・・・・    36
CO2排出ゼロへ「環境グリーン都市」宣言・君津市    37
盛り土を規制する条例、26都府県が制定・・・・・・・・・・・・    38
4政令市で残土を業者に処分先を委任できる例外規定    38
盛り土を規制する県条例制定を検討・長野県・・・・・・・・    39
大水害、地震からの復興に備え事前の計画作成を支援    39
盛り土点検、年内終わる?抽出と現場確認で作業膨大    40
再生エネ適正立地推進、災害懸念地域除外へ・環境省    40
JR各社が管理する河川橋を総点検へ・国交省・・・・・・    41
風水害対応で条例改正へ。市民意見を募集・横浜市会    41
県外土砂の搬入禁止。改良土も認めず・栃木県茂木町    42
大雨に備えワンコインセンサー。国交省が実証実験・・    42
温室ガス排出ゼロに向け矢作川流域で企画始動・愛知    42
造林地の食害抑制へシカ進入検知システム検証・静岡    43
水源保全条例検討で森林売買に事前届け出制・栃木県    43
中小河川も流域治水。4水系の計画公表へ・神奈川県    44
流域治水推進計画に住民向け対策を追加・栃木県・・・・    45
水防災教育で静岡河川事務所と静岡大が連携・・・・・・・・    45
災害経験基に洪水予測。関東、東北豪雨なども検証・・    46
河川改修で防災に効果。根谷川や三篠川で被害なく・・    46
釜石市と遠野市で災害協定。公園の一部開放など・・・・    47
球磨川治水、想定最大流量1・2倍に・国交省変更案    48
球磨川の想定流量、豪雨で変更。国交省が発表・・・・・・    49
防災行動計画をネットで。県が専用サイト開設・熊本    49
太陽光施設条例改正へ。県許可得れば市不要・北杜市    50
太陽光発電設置に関する相談サイト開設・長野県・・・・    50
太陽光発電に産地偽造など課題。3自治体またぐ例も    50
脱炭素へ県の取り組み。水力発電に期待高まる・新潟    52
避難所用施設に太陽光発電を整備・大崎上島町・・・・・・    53
小川町のソーラー事業、自民県議団が中止要望・埼玉    53
改正種苗法巡り、県は自家増殖に許諾料なし・山梨県    54
県独自の種苗条例を年内にも制定へ・沖縄県・・・・・・・・    54
有機農業推進計画策定へモデル地区選定・常陸大宮市    55
市環境基本条例を一部改正し観光客にも拡大・北杜市    55
県SDGs指針策定。年度末までに行動計画・沖縄県    56
市役所の公務にもシェアサイクル利用へ・朝霞市・・・・    56
食品ロス削減へ市内5か所に回収拠点設置・名取市・・    56
木材利用促進へ官民連携。林野庁が規制緩和など協議    57
環境基本計画改定で行政アドバイザー任命・富里市・・    57
島根原発2号機、新規制基準を満たし正式合格・中電    58
島根県議会が原発特別委。2号機再稼働を議論・・・・・・    59
米国、原発事故後から実施の福島県産食品の規制撤廃    60
放射性廃棄物処分、規制緩和で海外委託も・経産省・・    61
PCB処理完了時期を最大2年先延ばしへ・環境省・・    61

 

■ビジネス・企業 エコビジネス/エコ商品/環境リスク
企業の脱炭素化加速。規制対応で商機拡大狙う・・・・・・    62
CO2排出量で課税する炭素税の議論を容認・経団連    62
脱炭素へ研究会発足。再エネ活用推進・道中小同友会    63
脱炭素推進に研究支援を。税制改正に意見書・中経連    63
温室ガス削減目標、30年度に55%に引き上げ・ヤマハ    63
ESG情報開示の強化に向けた議論に着手・金融庁・・    64
環境事務所と協定結びESGを後押し・三井住友信託    64
再生エネ分野に2000億のファンド・三菱UFJら    64
SDGsで金利優遇。中小の取り組み支援・七十七銀    64
全工場で太陽光発電設備導入の方針・キリンビール・・    65
50年度までにCO2排出ゼロの目標発表・日立製作所    65
30年度までにCO2排出50%削減へ・西部ガス・・・・・・    65
太陽光発電を投資対象にファンド組成・大和証券・・・・    66
自治体・企業に割安再生エネの導入プラン・コスモ・・    66
米アマゾン、日本国内450カ所に太陽光発電を計画    66
フィルム型の次世代型太陽電池の実用化へ・東芝・・・・    67
新築住宅で太陽光と蓄電池の初期費用ゼロ・東北電新    67
再生エネ由来の電力でロマンスカー運行・小田急電鉄    67
CO2ゼロ電気を販売。県内6社導入・中部電力・・・・    68
「余った電気預かります」。東電が新電力にサービス    68
脱炭素化へ新電力会社設立。来春本格稼働へ・大熊町    69
民間企業3社と平塚市で波力発電普及へ新会社設立・・    69
MOT総研など5社が下関でバイオマス発電所を建設    70
バイオマスの原料となる植物の栽培試験開始・東北電    70
非化石の証書付き電気プラン発売・いちたかガスワン    70
カーボンニュートラルLNGを初導入・静岡ガス・・・・    71
車載電池の増産や研究開発に1・5兆円投資・トヨタ    72
EVなどの部品や素材も地場メーカーなど開発の動き    73
航空燃料も脱炭素化の動き。藻類など活用も・・・・・・・・    74
子会社株売却で環境事業に投資・ENEOS・・・・・・・・    74
搬送向けの新型自動運転EV開発・ヤマハ発動機など    75
企業にお得の太陽光発電。初期費用ゼロで事業者設置    76
ホテル内電力を全て再生エネに・ANAプラザ釧路・・    77
次世代型蓄電池向け電解液生産工場が完成。LEシス    77
バイオプラ使った食品包装フィルム製造・フタムラ化    78
野菜の新鮮度を保つ発光ダイオードを冷蔵庫に・北電    78
脱プラの流れ受け、代替の紙製品開発が加速・・・・・・・・    79
再利用容器で食品販売。廃プラ促進加速・イオン2店    80
脱炭素化目指し47社で研究会設立・道中小同友会・・・・    80
兵庫の農家と蔵元が連携し、資源循環の酒「環」発売    80
新工場で生分解性素材のストロー生産へ・アミカテラ    81
SDGsでエコ製品に特需。性的少数者への配慮も・・    82
国連採択から6年、「SDGs」が県内に浸透・高知    83
企業の環境対策を後押しする融資商品・北海道銀行・・    83
生乳産む牛の飼料にコーヒー豆かす与える・デニーズ    84
レンタルサッカー場に環境意識向上の新型自販機設置    84
廃棄食材で紙文具。フードペーパーを開発・福井・・・・    85
北海道森町で地熱を活用してコーヒー豆栽培を開始・・    85
植物由来の「肉」「魚」続々。中部企業が販売に力・・    86
ミドリムシや俳句食品でサーモン養殖・ユーグレナ・・    87

 

■市民 生活/住民運動/教育
「防災観光ふろしき」を作成・墨田区のNPOら・・・・    88
廃棄農産物を科学実験に活用・柏市の市民団体・・・・・・    89
廃棄衣料で防災グッズ。草履やバッグ製作・愛国短大    89
フードバンク通じ課題解決。シニア活躍や困窮者把握    90
養殖魚の皮を革製品に。愛知大生がSDGs事業化へ    90
企業支援で環境事業行ったNPOが成果報告・熊谷・・    91
森林破壊深刻なマダガスカル、現地ラジオで保全啓発    92
資源ごみを換金して本寄贈・甲府青年会議所メンバー    92
エコな電気を皆でお得に。軽井沢の住民らが共同購入    93
小型の鳥居でポイ捨て防止。日光市の柴田さんが設置    94
海のプラごみ現状を学ぶ。豊田高校でオンライン講義    94

GR10.jpg

井原山の幻の登山道復活へ有志がごみ撤去・糸島市・・    95

甲府市の商店街がSDGs宣言。活性化へ6目標推進    96

小4田中さんがボランティアごみ袋導入などを要望・・    97

月1ビーガンメニューの給食でSDGs学ぶ・八王子    97

三方原台地の希少種守る環境保護団体がNPO新設・・    98

佐久の自然環境を守る8団体がオンラインで情報交換    99

水の都に案内拠点。水族館も・グラウンドワーク三島    99

矢垂川守る活動に光。住民有志ら河川功労者に・新潟    100

中学生がゴミを拾って調べた成果を発信・中川村・・・・    101

主婦らが洋服の無償譲渡会。佐渡市新穂青木・・・・・・・・    102

2歳からカブトムシ飼育し「昆虫研究大賞」銀賞に・・    103

建設石綿訴訟第2陣提訴、原告25人と和解・札幌地裁    104

建設石綿損賠第2次訴訟、9人は国と和解・京都地裁    104

神鋼火力発電所訴訟控訴審、環境アセス巡り初弁論・・    104

福島第一原発事故避難者、国と東電を提訴・横浜地裁    105

島根原発2号機再稼働を問う署名活動の市民団体発足    105

脱原発「最前線」で市民ら200人が集会・東京・・・・    105

新潟水俣病1次訴訟判決50年。「画期的勝訴」光と影    106

新潟水俣病1次訴訟判決、被害者救済は道半ば・・・・・・    106

■ごみ・リサイクル 廃棄物/処理/再利用
食品工場からの廃棄物で発電。小型プラント普及推進    108
リチウムイオン電池、ごみ処理施設で発火多発・京都    109
リニア残土の処分場容認へ。岐阜県御嵩町長が表明・・    109
ごみ焼却施設を民間主体に・熊本県上益城郡5町・・・・    110
小豆島町最終処分場が本年度末に完成。長期使用へ・・    111
プラ容器包装とプラごみを一括回収へ・豊明市・・・・・・    112
自治会にごみ集積場利用を拒否された夫婦に賠償命令    112
持ち込み可燃ごみ手数料を審議会に答申・長野市・・・・    112
家庭ごみ指定袋値上げへ。年末まで移行期間・竹原市    113
粗大ごみ収集依頼をラインで申し込み・横須賀市・・・・    113
使い捨てプラ製品削減。有料化に根強い抵抗感・・・・・・    114
ペットボトルに再生の輪。回収協力でポイント・静岡    115
同じ用途に再生「水平リサイクル」技術の確立へ・・・・    116
酒造大手の男山が瓶リサイクルを推進し好調・北海道    116
五輪パラ紙ごみをトイレ紙に再生・コアレックス信栄    117
まちを見つめて・ごみ袋有料化財源・京都市・・・・・・・・    118
コロナ禍で家庭ごみが増加。豪雪も影響・上越市・・・・    119
災害廃棄物処理で三豊市と県産廃協会が協定締結・・・・    119
コロナ禍での家庭ごみ、収集現場に高まる緊張感・・・・    120
産廃中間処理で金属回収9割に・仙台のイーストコア    121
箱崎ふ頭の川沿いに不法ごみ散乱・福岡市・・・・・・・・・・    122
大芦川流域の観光公害。ごみ放置に規制条例を視野・・    123

■自然・生態系 森林/野生動物/土壌
定説・精進湖とつながり覆る。幻の「赤池」雨で出現    124
石狩のミズバショウに新品種。湿原で発見・・・・・・・・・・    125
日本ジオパークに「土佐清水」を新たに認定・・・・・・・・    125
外房地域、水生植物「確実に減少」。ため池調査・・・・    126
県央地域の公園や雑木林のナラ枯、今年も被害続く・・    127
県内天然記念植物がピンチ。1割に老齢化や災害影響    128
都内の森林や公園のナラ枯れ、昨年度の数倍か・東京    129
辺野古のサンゴ移植めぐり学会に意見照会・沖縄県・・    129
トノサマガエルが県内北上。長野市で確認・・・・・・・・・・    130
琵琶湖で発見のビワコツボカムリが正式に国際登録・・    131
上越市でアカギカメムシを発見。南方から一斉飛来か    131
その名も「カクレトミヨ」。命名した学名が正式認定    132
御前崎の海岸に上陸のウミガメ、過去最少の50匹・・・・    133
湖国の生物調査をアプリで市民参加・滋賀県・・・・・・・・    134
ウニ、サケが連日大量死。道東・日高で赤潮と関連か    135
クニマスを追加貸与へ。山梨から計30匹・秋田県・・・・    136
光る餌食べ自分も発光。深海のサメ「フジクジラ」・・    136
浜名湖特産の大型ガニ「ドウマン」が復調・静岡・・・・    136
研究林内のクマが一時「絶滅」。北大生ら長期調査・・    138
シラコバトが激減。環境変化で推定100羽に・・・・・・    139
コウノトリの個体数が順調に増加・兵庫県豊岡市・・・・    139
同じ渡り鳥2羽が11年連続で飛来。谷津干潟で確認・・    140
絶滅危惧種モリアブラコウモリを九州で初確認・熊本    141
殺処分ゼロ5年先送り。秋田県動物愛護管理推進計画    142
増えた野良猫と共生へ。愛護団体が不妊治療計画・・・・    143

■かがく・技術 新技術/研究/開発
再エネを水素化し貯蔵。電気に戻して住宅供給も・・・・    144
火力発電のCO2をメタンに。東北電と静岡大が研究    145
2次電池を小型、長寿命化。高性能素材を生産へ・・・・    146
工場副産物で水素発電。パナが化学メーカーと実験・・    146
福島第一原発のデブリ回収で新工法。京大など発表・・    147
大地震が噴火を誘発。東北大の西村教授が解明・・・・・・    148
横浜国大に台風研究機関を開設。産学官で知見共有・・    148
雨水からサイダーを試作。雨水利用の重要性をPR・・    148
土砂災害の早期予測へ、宮城・丸森で東北大など実験    149
ゲノム編集のマダイ流通へ。動物性食品で国内初・・・・    150
「発電細菌」で養豚排水監視。県など装置開発、販売    150
ゲノム編集トマトを国内初販売。熊本の契約農家栽培    151

 

■データ・資料 報告/調査
「環境危機時計」やや改善。時刻は9時42分・・・・・・・・    152
世界の気温2・7度上昇の恐れ。国連が報告書発表・・    152
気象災害の死者200万人。WMOが報告書・・・・・・・・    152
上高地が温暖化で降雪増?信州大が分析・・・・・・・・・・・・    153
地球上の半分以上で川に流れ途絶える日が増加か・・・・    153
ハエの冬眠を都市化が妨害。夜間照明や温暖化の影響    154
汚水処理人口の普及率82・6%で全国38位・群馬県・・    154
2019年度一般ごみ排出が微減・環境省調査・・・・・・    154
水道使用量が10年で最多。おうち時間増が要因・熊本    155
県内の大気・水質・騒音などの環境調査を公表・静岡    155
広島県内公立・公的病院の4割17病院に浸水リスク・・    156
水害軽減へ「田んぼダム」を倉敷市で試験導入・・・・・・    157
脱炭素社会の進展でプラス影響21%・山梨県内の企業    158
脱炭素社会の進展でマイナス影響22%・栃木県内企業    159
脱炭素で「好影響」の企業は1割未満に・群馬県・・・・    159
2020年の水害被害は6512億円に・国交省・・・・    159
県内企業SDGs意識調査、4割弱が積極姿勢・香川    160
県内でSDGs推進する企業は半数・甲府商議所調査    160
県内企業のSDGs積極的53%。前年比倍増・熊本県    161
八代にツキノワグマの骨。76年発見の個体と合致・・・・    162
本州のヒグマは新系統。古代DNAを分析・山梨大ら    163
海鳥目線でごみ調査。アホウドリに記録装置・・・・・・・・    164
上高地の梓川で流量増加傾向。信大の特任教授が分析    165

■イベント・PR 啓発活動/集会/書籍
脱プラ社会構築へ万国津梁会議。再資源化など議論・・    166
環境問題の解決法探る連携授業。福岡女子大と九産大    167
地域創生の成功例を学ぶ。SDGsカンファレンス・・    167
オンラインで環境教育。一日学校の先生は企業社員・・    168
環境運動「仲間得ること」が第一歩。白馬でセミナー    168
「スポGOMI甲子園」、長野県大会は阿南高校がV    169
SDGs学び経営に活用。セミナーに50人参加・茨城    169

■シリーズ・コラム 連載/社説
社説・食料自給率過去最低。政策に危機感見えない・・    170
論説・防災の日 地域の災害リスク学ぶ・・・・・・・・・・・・    171
コラム・凡語・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    171
連載・脱炭素時代 水素の仲間づくり①・・・・・・・・・・・・    172
コラム・雷鳴抄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    173
連載・脱炭素時代 水素の仲間づくり②・・・・・・・・・・・・    174
社説・車載電池 脱炭素へ安定調達が急務・・・・・・・・・・    175
連載・脱炭素時代 水素の仲間づくり③・・・・・・・・・・・・    176
社説・脱炭素工程表 意識改革へ旗振り役を・・・・・・・・    177
連載・脱炭素時代 水素の仲間づくり④・・・・・・・・・・・・    178
社説・北極圏の降雨 脱炭素加速の契機に・・・・・・・・・・    179
社説・原発「60年超」検討 原則骨抜きは許されぬ・・    180
社説・温暖化報告書 最悪の危機避ける行動を・・・・・・    180
社説・ESG投資 地域課題解決のてこに・・・・・・・・・・    181

 

■ひと
ひと・南極地域観測隊員になった近藤研さん・・・・・・・・    182
ひと・渡島半島の河川水害を調査した日下哉さん・・・・    183
ひと・清掃ボランティアに取り組む古屋拓海さん・・・・    183
ひと・野菜を生産販売する高校生の松岡遥斗さん・・・・    184
ひと・石川の千枚田を管理する団体の小本隆信さん・・    184
ひと・青果市場にフードロスコーナー・武田元之さん    185
ひと・都市部のクマ共生探る本を出版・佐藤喜和さん    184
ひと・SDGsは世界共通語。博報堂の川廷昌弘さん    186
ひと・環境配慮型サッカー場に関わる岡崎慎二さん・・    187

 

■海外
温暖化対策を巡り2大国が新公約・米国と中国・・・・・・    188
原発発電量の予測を引き上げ・IAEA・・・・・・・・・・・・    188
気候変動の対策に各国の若者がデモ。独グレタさんも    188
中国の電力不足が深刻。日系企業も生産停止・・・・・・・・    189
米中高官が温暖化で会談。COP26控え、協力探る・・    189
欧州最大級自動車ショー、規制強化で環境車ずらり・・    190
スマホ充電器を共通化し、廃棄物削減へ・EU・・・・・・    190
労組ある自動車メーカーのEVに税優遇・米国・・・・・    190
ロシア極東にクロマグロ。水温上昇で北上か・・・・・・・・    191