2019年10月号(通巻478号)

■発行・発売日

2019年10月25日

■定価

2,800円(税込み)

■収録記事

2019年9月1日~30日

■収録記事数

403

■特集

01 脱炭素に向けた行動を

02 ゲノム編集食品とは?

■特集 脱炭素に向けた行動を
異常気象が日常に。干ばつ、塩害がアジアを襲う・・・・    8
コラム・大自在・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    9
視点・「気候変動」ではなく「危機」・・・・・・・・・・・・・・    10
小積乱雲で温暖化加速。海洋研究機構らが予測・・・・・・    10
温室ガス排出このままのペースなら・IPCC報告書    11
サステナブルデータ・環境危機時計「9時46分」・・・・    11
アマゾン違法伐採、放火横行で地球温暖化に拍車・・・・    12
アマゾンの大規模火災受け、南米7カ国が協定・・・・・・    13
「アマゾン保護」民間基金、米とブラジルが設立へ・・    13
脱石炭火力に逆行する日本。計画、建設中含め22基・・    14
第4次安倍再改造内閣・小泉進次郎氏に聞く・・・・・・・・    14
国連サミットの議長役依頼に日本応じず・・・・・・・・・・・・    15
学術会議が「温暖化対策加速を」の緊急メッセージ・・    15
国連事務総長インタビュー「気候非常事態に直面」・・    16
ドイツ、気候変動対策6・4兆円規模を発表・・・・・・・・    16
再生エネ転換に変革を。若者が気候サミットで訴え・・    16
コラム・天声人語・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    16
ニュース虫めがね・「低炭素」から「脱炭素」に・・・・    17
世界の若者、数百万人150カ国以上で抗議活動・・・・    18
国連気候サミット開催。温暖化対策を各国が表明・・・・    20
国連気候サミット、日本の発言機会設けられず・・・・・・    20
国連サミット77カ国「50年に温室ガス実質ゼロに」    21
コラム・斜面・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    21
気候サミットで16歳グレタ・トゥンベリさんが演説・・    22
コラム・雷鳴抄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    22
グレタ・トゥンベリさんの気候サミット演説全文・・・・    23
コラム・河北春秋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    23
気候行動サミットに横浜市が初参加。世界に発信・・・・    24
社説・気候危機 想定外はあり得ない・・・・・・・・・・・・・・    24
気候サミットに合わせたデモ、185カ国760万人    24
国連総会演説、米国の政策と目立つ溝・・・・・・・・・・・・・・    25
コラム・一日一言・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    25

 

■特集 ゲノム編集食品とは?
ゲノム食品表示に義務なし。消費者庁、年内にも流通    26
コラム・斜面・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    26
「ゲノム食品」の販売相談開始へ・厚労省・・・・・・・・・・    27
日曜社説・ゲノム食品 許されない「見切り発車」・・    28
社説・ゲノム食品表示 これで理解得られるか・・・・・・    28
社説・ゲノム食品解禁 消費者の権利損なうな・・・・・・    29
連載・現場へ! ゲノム編集って何①・・・・・・・・・・・・・・    30
連載・現場へ! ゲノム編集って何②・・・・・・・・・・・・・・    30
連載・現場へ! ゲノム編集って何③・・・・・・・・・・・・・・    32
連載・現場へ! ゲノム編集って何④・・・・・・・・・・・・・・    32

 

■行政・施策 国/地方自治
地域のSDGsリーダー養成へ研修会・環境省・・・・・・    34
浜松市長、国連でSDGsの取り組みを発表・・・・・・・    34
SDGs達成のための支援プログラム採択・郡山市・・    34
下川町と法政大学がSDGs達成に向けた連携協定・・    35
「SDGs未来都市計画」を策定・愛知県・・・・・・・・・・    35
SDGs推進へ御殿場市とセブンイレブンが協働・・・・    35
中小企業の「脱炭素経営」支援検討の研究会・環境省    36
カーボンリサイクル普及へ国際共同研究推進・経産省    36
CO2再利用を推進し世界の先導に・経産省・・・・・・・・    37
二国間クレジット「JCM」、チリで初登録・環境省    37
苫小牧のCO2地中封入技術、実用へコスト削減が鍵    38
ICT活用した建設機械導入を支援・環境省・・・・・・・・    39
新たな研究炉を軸に県エネ計画策定委開催・福井県・・    39
温暖化対策の地域情報拠点開設へ・香川県・・・・・・・・・・    40
「みやぎ環境税」活用でCO2削減効果59万トンに    40
CO2削減へブルーカーボンオフセット検討・宮城県    40
「県気候変動適応計画」の骨子案示す・兵庫県・・・・・・    41
県環境審議会が次期環境計画などを諮問・栃木県・・・・    41
茨城県大洗町が「クールチョイス宣言」・・・・・・・・・・・・    41
コンパクトシティーでエネコスト削減へ・埼玉県知事    42
神戸市が「エネルギー都市」国際連携組織に加盟・・・・    42
「エコアクション21」認証取得へ始動・春日部市・・・・    42
産業道路の大気環境改善へ川崎市と上智大が共同研究    42
低炭素化事業活用しLRT車両購入に補助・宇都宮市    42
県の中小企業向け「省エネ診断」が好評・茨城県・・・・    43
FCVなど1千万台導入する世界目標を共有・経産省    44
水素貯蔵技術の普及促進を本格化・愛知県とJPEC    44
FCVの普及見据え御殿場に水素拠点整備計画・静岡    44
県内初、燃料電池バス普及へ県民向け試乗会・新潟県    45
産学官で水素エネ利活用を。神戸市で懇話会が初会合    45
大規模発電の再エネ新制度、一定額を上乗せへ・・・・・・    46
横浜市の企業に再生エネを供給・青森県横浜町・・・・・・    46
再エネ主力化推進。設置支援を大幅拡充・環境省・・・・    46
電気トラック交換式電池、再生エネ調整にも利用へ・・    47
県改正条例で初の対象となるメガソーラー計画・静岡    48
太陽光発電設置に欠かせぬ住民理解・県が呼びかけ・・    49
太陽光発電にアセス義務化。小規模でも対象・兵庫県    50
再生エネ発電設置の手続き厳格化へ・宮城県富谷市・・    50
環境アセス条例改正案、太陽光発電に対応へ・静岡市    51
太陽光発電の適正運用へ事業者研修会開催・栃木県・・    51
太陽光発電計画反対の陳情を採択・四万十市・・・・・・・・    51
能代市9月定例議会で洋上風力発電などを報告・・・・・・    52
遠州灘沖と南伊豆沖の洋上風力計画に懸念・静岡県・・    52
由利本荘市沖の洋上風力計画、国施策への協力責務・・    52
南伊豆沖洋上風力事業に景観の懸念相次ぐ・静岡県・・    52
風力発電の配慮事項、審査会が選定見直し求める・・・・    52
風力発電計画めぐり適正調査求め意見書・益田市・・・・    53
官民でLNG1兆円規模の供給へ・政府・・・・・・・・・・・・    54
船にLNG燃料供給する実験で大気汚染物質低減へ・・    54
札幌市が自動車4社と災害時の電源車派遣の協定・・・・    54
水素と太陽光を活用した停電対策を導入・苫小牧市・・    55
福島水素エネルギーフィールドが10月から試験運転へ    55
植物由来の新素材CNFの関連企業が県施設に入居へ    55
災害時電力は再エネで確保へ・沖縄県環境エネ機構・・    56
固形廃棄物管理でマレーシアと協力覚書締結・環境省    56
佐賀県多久市、武雄市など「局地激甚災害」指定へ・・    56
千葉の台風被害に危機感。非常時の電源確保再検討・・    57
大災害時に助かる移動型トイレを購入へ・沼田町・・・・    58
災害時電力をEV供給。避難所停電に対応へ・中城村    58
全国で3例目。燃料電池バスを市営バスに・横浜市・・    59
シェアサイクル活用で有田市が企業と連携協定締結・・    59
主要作物種子法の廃止後、11道県に新条例・・・・・・・・・・    60
種子の安定供給へ県条例。12月議会に提案・熊本県・・    61
富士川流域氾濫対策で3河川の河床掘削・山梨県・・・・    61
森林環境税道内分、初年度は交付総額12億2千万円に    62
「林」と「農」の連携で資源活用、雇用支援・福島県    62
意欲と能力のある森林経営に。豊田の組合が初登録・・    62
18年度の県内民有林間伐面積は目標の半分・栃木県・・    63
森林認証材の利用拡大を図る方針示す・静岡県・・・・・・    63
放置林の手入れ促進へ竹を使った商品に補助・三田市    64
優れた環境教育を進める学校を県教委が表彰・兵庫県    64
森林環境教育が始動。まず官民で未来像共有・浜松市    65
水源基金創設へ要請決議を可決・国頭村議会・・・・・・・・    65
下水処理用の水質基準超過を解消へ・東広島市・・・・・・    66
建物解体時、石綿の事前調査報告義務づけ案・中環審    66
補正予算に水質保全費338万円計上・沖縄県・・・・・・    66
補正予算でごみ処理施設の水銀対策費を計上・芦屋市    66
アスベスト含む建物の解体工事で対策せず・豊橋市・・    67
県研究施設で重金属カドミウムを誤排水・大分県・・・・    67
豚コレラ対策など26議案を可決し定例会閉会・茨城県    67

 

■ビジネス・企業 エコビジネス/エコ商品/環境リスク
気候変動リスク分析し企業戦略立案支援・東京海上・・    68
7年連続ESG投資銘柄に・川崎重工業・・・・・・・・・・・・    68
米国のESG投資銘柄に採用・高砂熱学工業・・・・・・・・    68
環境債発行に適正評価の国際認証サービス・JCR・・    68
環境報告書を独自に採点し温暖化対策評価・WWF・・    69
食品ロス減で社会貢献。寄付額829万に・ローソン    69
東北初、東邦銀行が環境省指定のESG金融機関に・・    69
再生エネ100%の店舗実験を開始・セブンイレブン    69
CO2削減効果を価格づけ、日立など導入企業が増加    70
カーボンオフセットの航海でCO2ゼロに・日本郵船    70
工事用電力を100%再生エネに切り替え・戸田建設    70
CO2排出抑制、3年で60万トン目標に・東邦ガス・・    70
世界全拠点で再生エネ100%へ・パナソニック・・・・    71
スマート社会実現へ日中協力を・日中経済協会・・・・・・    72
SDGs達成へ向け金融支援・百十四銀行と香川銀行    72
SDGsの取り組み、中国地方の企業に広がる・・・・・・    72
災害時の電力供給や物資提供で協定・北電とイオン・・    72
SDGs内容認知は35%・あしぎん総研が企業調査・・    74
吹田市の工場跡地にスマートタウン開発へ・パナ・・・・    74
「すし」から温暖化学ぶ・ユーグレナと銀座久兵衛・・    75
「エコプロアワード」で富士フイルムが経産大臣賞に    75
「生物多様性日本アワード」で5団体に優秀賞授与・・    75
CO2排出、昨年度は6%減に・JFEスチール・・・・    75
県内最大級のメガソーラーが室戸市に完成・高知・・・・    76
仙台市芋沢にメガソーラー、24年度に稼働計画・宮城    76
太陽光余剰電力をギフト券と交換可能に・東邦ガス・・    76
解体の太陽光パネル、素材分別し9割再利用・スナダ    77
新築住宅対象に太陽光発電を無償設置・鈴与商事・・・・    77
掛川など3市町の山間部で最大級の風力発電を計画・・    78
姫路のLNG火力発電所を単独投資決定・大阪ガス・・    78
銚子沖の風力発電、24年度運転開始目指す・東電HD    78
小国町の地熱発電事業に出資・関西電力・・・・・・・・・・・・    78
広島市安佐南区でバイオマス発電所稼働・大平電業・・    79
岡山にバイオマス発電施設建設。食品廃棄物原料・・・・    79
国内最大級の木質バイオマス発電施設起工・エイブル    79
非化石価値取引市場活用、再生エネで発電の電気供給    80
横浜市内の事業者に再生エネ供給・日立キャピタル・・    80
会津若松市で再生エネ普及推進・バンプーパワー・・・・    80
太陽光余剰電力を地域へ寄付「えねちょ」都内で会見    81
小売り事業に特化した新会社設立・北海道電力・・・・・・    81
アマゾンプライムと組み合わせた新メニュー・中部電    81
災害時に活用できるモデルハウスオープン・アキュラ    82
温暖化影響に備えた電力投資を・経団連会長・・・・・・・・    82
個人間のカーシェア事業者向け保険提供・あいおい・・    82
日産EVシェアリング、曜日で貸し出し対象変更・・・・    83
大規模停電になった千葉県でトヨタ電動車活躍・・・・・・    83
ビル電源にEV活用する実験、1年で106万円削減    84
大阪でカーシェアリングサービス実証実験へ・スズキ    84
大雨被害の佐賀県武雄市に車両支援・石巻カーシェア    84
小型EV戦略車「ID3」初公開・独VW・・・・・・・・・・    85
ZEV導入都促進事業選定、カーシェア45拠点新設・・    85
ホテルや旅館でプラ製品使用控える動き・静岡県・・・・    86
プラ製ストロー使用を廃止・ジョイフル・・・・・・・・・・・・    86
関西企業にプラごみ削減の取り組み広がる・・・・・・・・・・    87
生分解性プラがトマト栽培の土壌改良に貢献・独・・・・    87
環境調和材料開発事業を拡大・東洋インキSC・・・・・・    88
ペットボトル由来繊維で速乾性に優れた服・ユニクロ    88
回収PETボトルを繊維原料に再利用を本格化・東レ    89
植物由来樹脂用いたレジ袋事業強化・福助工業・・・・・・    89
同社製衣料品回収キャンペーン・三陽商会・・・・・・・・・・    89
二酸化炭素排出ゼロ製鉄法共同開発へ契約締結・神鋼    90
害虫に抵抗性ある加工用トマト品種開発・カゴメ・・・・    90
ヒーティングシステム事業加速・熱源・・・・・・・・・・・・・・    91
発電所遊休地活用、無農薬レタス生産工場検討・九電    91

 

■市民 生活/住民運動/教育
真岡女子高で「Blue Earth塾」・・・・・・・・・・    92
秋田商高生が独自の環境政策立案・地球会議出前授業    92
静岡でフィールドワーク、SDGs理解深める・駒大    93
フェアトレード大学に北星学園大と札幌学院大を認定    93
林業に若い力。母の古里で研修・大学校生の岡元さん    94
高森高でチェーンソー操作実演・熊本県事業・・・・・・・・    94
鉾田市の「ふゆみずたんぼ」で児童ら稲刈り作業・・・・    95
有機栽培の食品など紹介。学生団体らがイベント・・・・    95
多摩川堤防の雑草を燃料に。児童ら招き製造体験催し    96
県内外の反原発団体集会、再生エネ転換必要を訴え・・    96
国際会議で活動実績紹介・環境史ミュージアム代表団    97
福島の再生に向け意見交換・環境経済・政策学会・・・・    97
高台に移転した住民に小型EV無償貸与。女川で実験    98
台湾で反原発会議。福島の被災者が講演・・・・・・・・・・・・    98
小水力発電で得た電気で小型EV走行を・高平地区・・    99
四万十川にまたメガソーラー計画。観光関係者ら反発    100
風力発電計画中止申し入れを四万十町長に要望・・・・・・    100
ジュゴン訴訟の日本語版サイト開設。署名で応援へ・・    100
洋上風力発電計画中止を。県などへ署名と要望書提出    101

風力発電に住民意見を。弁護士招き勉強会・四万十町    101

住民訴訟巡り宮古島市が市民提訴、弁護士が抗議声明    102

宮古島市民提訴に抗議声明・全国市民オンブズマン・・    102

「市民提訴は弾圧」宮古島市に撤回要求・有志が声明    102

県が制定進める種苗条例案に陳情書・種子の会とちぎ    103
種子法に代わる条例制定を。消費者ら議会に請願へ・・    103
松枯れ対策の薬剤散布、公金支出差し止め求め提訴・・    103
石綿被害遅延損害金最大200万円増・神戸、広島・・    104
中皮腫患者らが体験を語る講演会・神戸市・・・・・・・・・・    104
石綿賠償「診断確定から」国側控訴退ける・福岡高裁    105
建設石綿訴訟東京地裁で結審。来年4月判決・・・・・・・・    105
46年前の石綿労災認定。根室の遺族に給付金・・・・・・・・    105
団体加算金訴訟上告の方針・水俣病出水の会原告ら・・    106
サンエレ工場閉鎖「チッソは説明を」・水俣病連絡会    106
地域に政策提言へ「水俣病・水俣再生市民学会」設立    106
アイヌサケ漁告発取り下げを求め専門家らが会見・・・・    106
玄海原発運転差し止め認めず・福岡高裁抗告審・・・・・・    107
原発避難札幌訴訟結審。賠償額と国の責任争点・・・・・・    108
原発集団訴訟控訴審、来年2月結審・仙台高裁・・・・・・    108
放射線防護ワークショップ参加の安積高生が報告会・・    108
浜岡原発差し止め控訴審口頭弁論、双方が意見陳述・・    108
嘉手納基地爆音訴訟控訴審、飛行差し止め棄却・・・・・・    109
米軍機の騒音被害賠償求め訴訟・東京の弁護士事務所    109
全国7基地の騒音訴訟原告団が交流集会・大和市・・・・    109

 

■ゴミ・リサイクル 廃棄物/処理/再利用
生鮮食品のロス削減へ地産地消型モデル構築・埼玉県    110
10月食品ロス削減月間「3きり運動」など普及啓発へ    111
フードバンクで協力協定。日本海水が製品提供・玉名    111
食品ロス削減法10月1日施行・政府・・・・・・・・・・・・・・・・    111
小売り全店でレジ袋有料化。政府が来春実施案・・・・・・    112
会議で脱プラ。環境部局から先行実施・北海道・・・・・・    112
海洋プラゴミ対策188億円。当初予算の2倍に増額    112
プラごみ汚染から瀬戸内海守る対策を探る検討会発足    113
プラごみ対策の取り組みについて知事に質問・石井氏    113
市指定のごみ袋をレジ袋に。プラごみ減へ試行・熊本    113
プラごみゼロ宣言受け、会議の飲料からスタート・県    114
県のエコストロー実証事業に県内104店参加・栃木    114
国後島ごみ処分工程の現状を視察・日本政府関係者ら    114
海のプラごみ削減で具体策まとめる・気仙沼市・・・・・・    115
公共工事でのリサイクル資材利用を促進・愛知県・・・・    115
台風15号災害ごみ仮置き場21市町31カ所。処理急務・・    116
台風影響焼却場の停電復旧、ごみ収集一部再開・東金    116
台風影響停電地域のごみを受け入れ・市川市・・・・・・・・    116
災害時にバキューム車供給などで業者と協定・吉川署    117
台風15号農業被害、ビニール処分料負担・神栖市・・・・    117
災害ごみ仮置き場設置で協定・赤穂市と住友大阪セメ    117
佐賀県大町町の災害ごみを受け入れ・福岡県久留米市    117
循環型社会の構築など審議、一般廃棄物削減進まず・・    118
西日本豪雨災害廃棄物を再資源化・1万2千トン処理    118
ポイ捨て防止条例重点区域拡大・船橋市・・・・・・・・・・・・    118
「創電割」に食品リサイクル関連の新メニュー追加・・    118
市役所ごみ減量プログラム、可燃ごみ10%減へ・足利    119
10月「3R推進月間」に合わせキャンペーン・札幌市    119
桐生市清掃センター有効利用へ都内からごみ受け入れ    120
塩谷広域次期環境施設エコパークしおや竣工・矢板・・    120
産廃処理施設で学生ら20人見学・那須塩原・・・・・・・・・・    120
石坂グループと業務提携・大栄環境・・・・・・・・・・・・・・・・    121
京都市の環境学習施設「さすてな京都」オープンへ・・    121
鹿行広域ごみ処理問題、大洗町と連携協議へ・鉾田市    122
最終処分場整備で県が基本方針。地域との共生重視・・    122
甲世衛生組合本年度末で解散へ・世羅など3市町・・・・    122
豊島フォローアップ委、県が直島の施設撤去完了報告    123
水銀対策完了、焼却炉運転を再開・芦屋市環境処理セ    123
御前崎・産廃施設の建設賛否問う住民投票12月8日に    123
産廃施設住民投票「民意尊重した」御前崎市長を評価    123
新産廃整備で県が住民説明会。来夏までに基本設計・・    124
名護市長ら防衛相と面談。処理施設建設補助求める・・    124
ごみ収集運搬過払い委託料返還請求勧告・川西市監査    124
宮田の処分場計画調停開始、業者側が村へ売却額提示    125
浜松産廃処分場住民監査請求を却下・・・・・・・・・・・・・・・・    125
盛岡・新ごみ焼却場で市説明会、住民が中止要請書・・    125
ごみ処理場問題、町長不信任を否決・吉見町議会・・・・    125
可燃ごみ新施設で年間試算、ごみ焼却売電9億円・・・・    126
みなかみ町RDF事業「実証実験に疑問」特別委報告    126
情報フラッシュ・クボタ・下水汚泥の脱水機発売・・・・    126
4月の市資源再生センター火災受け対応手順説明・・・・    127
福島原発汚染水タンク増設の可能性・・・・・・・・・・・・・・・・    127
豚骨ガラ再利用で工場から臭い発生、苦情相次ぐ・・・・    127
竹の内産廃焼却施設解体工事説明会、住民から意見・・    128
市売却地ごみ問題、和解金支払いへ・筑西市議会可決    128
市施設建設用地から廃棄物、撤去で合意・安中市・・・・    128
区画整理事業で地中に大量の産廃、処分巨額誰が負担    129
IAEA総会、汚染水処理で日韓が応酬・・・・・・・・・・・・    130
汚染土県外搬出「できるのか」・前規制委員長田中氏    130
トリチウム含む水の環境放出、魚の生体濃縮否定・・・・    130
トリチウム水海洋放出、反対38・4%、賛成30・3%    131

 

■自然・生態系 森林/野生生物/土壌
諫早湾干拓事業訴訟、高裁に差し戻し・・・・・・・・・・・・・・    132
社説・諫干最高裁判決・国の責任で「農漁共存」を・・    133
駿河湾水深290㍍の海底で成長過程のエビ撮影・・・・    134
西表島で新種エビ発見・北海道大グループ・・・・・・・・・・    134
諫早湾干拓事業巡る訴訟、農相現地で意見交換へ・・・・    134
諫早湾干拓農地元営農者ら国に賠償求め提訴・長崎・・    135
諫早湾干拓開門請求訴訟結審、来年3月10日判決・・・・    135
遠州灘海岸保護柵内でアオウミガメふ化を確認・・・・・・    135
雨畑ダム堆砂と濁りの因果関係有無に慎重・山梨知事    136
富士川支流の早川に強い濁り報道に町長不満あらわ・・    136
国際マリンバイオ会議、サクラエビ調査活動を説明・・    136
富士川沖以外サクラエビ回復傾向強調。情報連絡会・・    137
リニア大井川流量問題、長野側も湧水の大量流出懸念    138
リニア大井川流量問題、県に最終回答提出・JR東海    139
リニア水問題静岡知事答弁「実測データ基に計画を」    139
リニア連絡会議で専門家「着工前に生態系調査」・・・・    140
辺野古移設工事環境監視委、移植サンゴ死滅や縮小・・    140
辺野古新基地建設投入する赤土流出、海上赤く染まる    140
瀬戸内海再生、県民や事業者の責務。条例明記へ・県    141
処理場排水の水質基準一部撤廃・兵庫県環境審部会・・    141
温暖化影響か。浜名湖でアマモ激減、再生図る・・・・・・    142
池の平湿原でヤナギランなど高山植物群落減少・・・・・・    143
高山植物「オニク」新品種か。南ア鋸岳で発見・・・・・・    144
渡良瀬遊水地のドローン飛行など制限する条例可決・・    144
コウノトリ保護へ遊水地のドローン規制する条例案・・    145
富士山入山料徴収5750万円・静岡県発表・・・・・・・・    145
清水港でアカミミアリ巣駆除。拡散恐れなし・静岡県    145
米軍ヘリ返還地着陸問題、特別保護区に着陸か・・・・・・    146
返還地周辺、返還後も米軍機低空飛行相次ぐ・・・・・・・・    146
「返還」の定義改めて議論を・桜井沖縄大名誉教授・・    146
世界遺産登録へ来月IUCN専門家による現地調査・・    146
西表島自然環境保全へ町観光案内人条例案・竹富町・・    147
西表ガイド導入、町が住民説明会・竹富町・・・・・・・・・・    147
県鳥獣保護センター運営NPO撤退、心配の声・・・・・・    148
小笠原諸島西之島噴火6年、海鳥繁殖・環境省調査・・    148
国後島シカ2頭生息確認・ビザなしで専門家・・・・・・・・    149
「動物園条例」21年度の早期に提案へ・札幌市長・・・・    149
クマの餌となるブナ、コナラなどの実が全県で不作・・    150
ツキノワグマ生態学ぶ出前授業・岩手大山内准教授・・    150
野幌森林公園ヒグマ出没で酪農学園大佐藤教授講演・・    150
京都府内でツキノワグマ生息数増・16年前の4倍以上    151
商業捕鯨操業再開1年目ほぼ終了。採算性に課題・・・・    152
9県を豚コレラワクチン「接種推奨地域」・農水省・・    153
豚コレラ防止新型ワクチン安全性を食安委に諮問・・・・    153
豚コレラ対策でイノシシ侵入防止柵設置に補助金・・・・    153

 

■かがく・技術 新技術/研究/開発
微生物の働きで分解するプラボトルの成形技術確立・・    154
複合材料を使った生分解性ボトル試作・フロンティア    155
先端素材CFRPから炭素繊維、再利用へ新技術確立    155
発電所や工場から二酸化炭素回収、原料や燃料に活用    156
再生エネ地産地消促進へ東大と共同研究・オリックス    156
海流発電実用化に向けた1年の実証実験開始へ・・・・・・    157
もみ殻を使用した電極材料開発・秋田大院熊谷教授ら    158
燃料電池ハイブリッド試験車完成・鉄道総研・・・・・・・・    159
水素濃度抑える新触媒開発・長岡技科大など・・・・・・・・    159
熱中症リスクを把握、管理するシステム開発・・・・・・・・    159

 

■データ・資料 報告/調査
陸上の世界選手権競歩で金メダル。背景に酷暑対策・・    160
小中学校の冷房設置率77%、昨年58%から改善・・・・・・    161
昨年度の二酸化炭素排出原単位0・9%減・製紙連・・    161
県産コシ1等米比率急落懸念、種子肥大期高温直撃・・    162
温暖化に対応し農作物を育てる動き広がる・・・・・・・・・・    163
ESG投資が世界的に急拡大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    164
2019年4―6月の太陽光パネル国内出荷19%増・・    164
農薬2種健康被害懸念、使用とりやめる自治体増・・・・    165
有機農耕地面積8年で2・3倍に増加・山梨県・・・・・・    166
自動車分野向け二次電池市場3・8倍に伸長と予測・・    166
有機栽培や減農薬の水田に多様な生物・農研機構・・・・    167
電力料金の上昇、経営に悪影響・懸念70%超・・・・・・・・    167
女川2号機発電コスト割高に・大島龍谷大教授試算・・    168
野生鳥獣放射性物質、イノシシとクマ計5頭基準超・・    168
中間貯蔵への除去土壌輸送量、累計400万立方㍍超    169
セシウム濃度変化傾向発表・請戸川JAEA調査・・・・    169
再び利用するため保管中の核燃料2460トン・・・・・・    169
水素ステーションの利用低迷。燃料電池車普及せず・・    170
18年度公害苦情件数534件、3年ぶり増加・京都市    170
比謝川流域魚類PFOSの値、全国中央値の710倍    171
05~17年度開通の林道35路線の4割木材生産なし・・・・    172
台風15号農林水産被害267億円に拡大・千葉県・・・・    172
九州北部大雨による被害額75億円・福岡県・・・・・・・・・・    172
台風15号倒木被害の緊急調査始まる・山武市・・・・・・・・    173
台風15号倒木被害、山武杉の林8割に幹腐る病気蔓延    173
昨秋倒木で大規模停電、関係自治体が計画伐採に着手    174
台風災害1年、倒木撤去作業道半ば。二次被害危険性    175

 

■イベント・PR 啓発活動/集会/書籍
大飯差し止め判決元裁判官講演、原発の危険性を訴え    176
CSRについて理解深めるセミナー・仙台市・・・・・・・・    176
水銀国際会議で被害の実態発信・水俣病資料館語り部    177
隣接県が尾瀬サミット、保全策を協議・魚沼市・・・・・・    178
尾瀬サミット閉幕。来年は群馬県主催に・・・・・・・・・・・・    178
にいがた森のシンポ、県産材の活用法など議論・・・・・・    178
SDGs理解へ体験型カードゲームの勉強会・石垣市    178
エシカル消費考えるイベント、環境に優しい工作体験    179
琉球フォーラム、国際ジャーナリスト堤さんが講演・・    179

 

■シリーズ・コラム 連載/社説
社説・台風で広域停電・命を守る「無電柱化」急げ・・    180
コラム・春秋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    180
社説・アスベスト対策・飛散防止強化は不可欠・・・・・・    181
コラム・卓上四季・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    181
山を、どうする?高知発 森林経営管理法の行き先①    182
山を、どうする?高知発 森林経営管理法の行き先②    182
山を、どうする?高知発 森林経営管理法の行き先③    183
山を、どうする?高知発 森林経営管理法の行き先④    184
山を、どうする?高知発 森林経営管理法の行き先⑤    185
コラム・座標軸・ネオニコ系農薬・・・・・・・・・・・・・・・・・・    185
コラム・射程・広がる種子条例制定・・・・・・・・・・・・・・・・    185

 

■ひと
かけがわ地域循環・活性化協議会会長・星之内進さん    186
禁煙店サイト主宰・大阪医科大准教授・伊藤ゆりさん    187
SDGs差別化・マルサ斉藤ゴム社長・斉藤靖之さん    187
住友金属鉱山磯浦工場長に就任・川田宗一さん・・・・・・    187

 

■海外
豪航空業界でユニークな環境対策の取り組み進む・・・・    188
動物福祉や環境問題に高まる意識。ビーガン広がる・・    189
インドネシア首都移転、環境破壊への懸念強まる・・・・    190
米政権排ガス規制権限撤廃で提訴・カリフォルニア州    190
アフリカ豚コレラ発生確認。韓国で初・・・・・・・・・・・・・・    190
野焼きや森林火災による煙害深刻・インドネシア・・・・    191
温暖化抑制へ飛行機減便。鉄道利用促す・蘭KLM・・    191
 

  • Twitter Social Icon

Copyright© 2018 Regional Environment Network Agency (RENA). All Rights Reserved.

有限会社 地域環境ネット

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和3-43-14 Tビル2F