sky.jpg
ecogirl.png
ecoboy.png
logotype ecotimes.png
キミたち4.png

令和3年度
入賞作品を紹介します!

 ジュニア・エコタイムスは、小学生のみなさんが身近な環境問題を調べてつくる環境新聞です。令和3年度のテーマは「身近なエコ・世界のエコ」でした。


 今年集まった新聞は4000点以上、約4400人の小学生が新聞づくりに取り組みました。

What's New

2022(令和4).03.29

令和3年度の入賞作品をウェブ公開しました。

2022(令和4).03.10
令和3年度の入賞作品を埼玉新聞で発表しました。


 

greeting01 chiji.jpg

SDGsに対する作品も多く
関心の高まりを感じます

埼玉県知事
大野 元裕

 生き物や川の保全といった身近なものから温暖化などの地球的規模のものまで、環境と日常生活とのつながりを意識して、しっかりと調べ、考え、実践した力作を多数応募いただきありがとうございました。SDGsに関連する作品も多く、関心の高まりを感じます。今後も皆さんと一緒に「埼玉版SDGs」の推進に全力で取り組みます。

greeting02 ecokeikaku.jpg

小学生記者の環境問題への思いと
日々の創意工夫を応援します

株式会社エコ計画

代表取締役社長
井上 綱隆

 本年で25周年を迎えたジュニアエコタイムスですが、過去最高の4,080点の応募を頂き、心より感謝申し上げます。
 今年の受賞作品も日々の問題意識が、やがて社会を変える力となり、世界の環境問題にもつながることを気づかせてくれる素晴らしい内容でした。今後も小学生記者の皆さまを応援してまいります。

main2006.jpg
greeting03 shinbunsha.jpg

新聞にまとめる過程で
環境問題へ関心深める

埼玉新聞社
代表取締役社長
関根 正昌

 今年度は過去最高となる4,080点の作品が集まり、4,300人を超える小学生に参加していただきました。
 環境学習での学びや、自ら調べた内容を「新聞」という形にまとめることで、子どもたちの、環境問題に対する関心がより深まったのではないでしょうか。
 当事業共催の埼玉県ならびに、ご協賛いただいているエコ計画様や、ご支援をいただいた皆様に心より感謝申し上げます。これからも当事業を継続し、小学生に環境問題を学ぶ機会を提供してまいります。

■主催/埼玉県・埼玉新聞社

■後援/埼玉県教育委員会・さいたま市・さいたま市教育委員会・埼玉県市町会・埼玉県町村会

​■協賛/株式会社エコ計画